ニュース|news

アスリートの食育 「から揚げで簡単バランスアスリート食を作ろう」を開催

2019年3月14日、東北電力株式会社と宮城学院女子大学とヴォスクオーレ仙台の共同企画として高校生を対象とした食育活動「から揚げで簡単バランスアスリート食を作ろう」を開催いたしましたのでお知らせします。

家に余りがちなから揚げや、スーパー、コンビニで購入したから揚げをそのまま食べるのではなく、ひと手間加えてバランスのいい食事に調理して食べ、部活動やクラブ活動に励めるようにすることを目的としました。

調理実習のグループはから揚げを3種類の異なる味の主菜を3つのグループに分かれて調理し、副菜としてお菓子のじゃがりこを用いてポテトサラダを作りました。

セミナー受講グループが3部構成で、第1部は東北電力の担当者の方よりエネルギーについての話、第2部はヴォスクオーレ仙台の荒牧太郎選手からアスリートセミナー、第3部は宮城学院女子大学の丹野久美子先生より今回の調理実習の内容について・食事についてのセミナーを実施しました。

th_IMG-3017 th_IMG-3018 th_IMG-3019 th_IMG-3021 th_IMG-3022 th_IMG-3023th_IMG-3025 th_IMG-3027 th_IMG-3029 th_IMG-3030 th_IMG-3031 th_IMG-3032 th_IMG-3034 th_IMG-3035 th_IMG-3037 th_IMG-3039 th_IMG-3042 th_IMG-3047

堀内迪弥選手コメント

「僕は調理実習を担当し、チーズタッカルビを作りました。宮城学院女子大学の学生さんにサポートして頂いたおかげでとても楽しく料理ができました。

IHで初めて調理しましたが、とても安全で、使いやすく便利だなと思いました。

またこの日は、毎日栄養管理をしてもらっている奥さんも一緒に参加し、荒牧選手や丹野先生の講義も聴けて、とても勉強になりました。

ありがとうございました。」