ニュース|news

【イベント】06/28 みやぎ県民サッカーの日

6月28日(土)にひとめぼれスタジアム宮城にて開催された、みやぎ県民サッカーの日(主催:一般社団法人宮城県サッカー協会)に参加させていただきました。

参加選手は、南本晶、影浦俊介、永村八一、橋本和昭、藤山翔太、山本恵太、木皿駿の7名。

 

参加したのは、その名も“アンプティサッカー”。これは、松葉づえを使用したサッカーです。

2010年に日本アンプティサッカー協会が発足し、現在8チームが加盟しています。今回は、特定非営利活動法人「日本アンプティサッカー協会」所属の、AFCバンブルビー千葉、FCアウボラーダ川崎、TSA FCの3チームがヴォスクオーレ仙台の選手とエキシビジョンマッチを行いました。

 

参加した7選手にとって、初挑戦のアンプティサッカー。エキシビジョンマッチ前に、3チームの方々と合同練習を行いました。

6.28県民サッカーの日_1 6.28県民サッカーの日_2

 

その後、エキシビジョンマッチがキックオフ!!ヴォスクオーレ仙台の選手も松葉づえを使ってプレーしました。

 

後半は、松葉づえを使わず、フィールドプレーヤーは、使用する足を試合前に選択し、プレーは2タッチ以内という特別ルールを適用しましたが、結果は0-2で敗戦。

敗れはしたものの、貴重な経験をさせていただきました。

 

県民サッカーの日_3 県民サッカーの日_4 県民サッカーの日_5

 

主催の一般社団法人宮城県サッカー協会の皆様をはじめ、関係者の皆様、ありがとうございました。