エコ活動|ECHO ACTIVITY

エコ活動

ヴォスクオーレ仙台では「エコアリーナ」の実現を目指し、ホームゲーム会場でさまざまなエコ活動に取り組んでいます。

※公益財団法人 みやぎ・環境とくらし・ネットワーク 様のご紹介
「エコシティ仙台プロデュースプロジェクト」って?
環境に配慮したまちづくりを目指して、在仙のプロスポーツであるベガルタ仙台、楽天イーグルス、仙台89ERS、仙台ベルフィーユとそのチームボランティア、行政や関連企業と連携し、スタジアムでのごみ分別・減量を行なっています。スポーツをきっかけに、市民のエコの意識を広めることを目的としています。

(1)スタジアム・体育館でのエコステーションの運営支援
ホームゲーム会場において、チームボランティアが中心となり、ごみ分別ステーション「エコステーション」でごみ分別・減量活動を呼びかけています。MELONは環境団体の視点から改善の提案や調査・実験などをしています。
 また、そのボランティアのみなさんに環境の知識をより深めてもらうためにボランティア研修会を実施しています。

(2)観客のみなさんへのエコの普及
エコの体験や興味を持ってもらうため、球場で子ども対象のMELON版エコ検定や自転車発電を体験する「エコ体験ブース」を出展し、エコのお話を聞きエコステーションを体験するイベント「エコスクール」を開催しています。

ヴォスクオーレ仙台では、公益財団法人 みやぎ・環境とくらし・ネットワークとの連携のもと、観戦におけるエコ活動に取り組んでまいります。